MENU

脚が流れやすい

ハードル走で足が脚が流れやすいということはありませんか?

脚が流れ

 

ハードルでは、リード脚がバーを越えたら抜き足を素早く前に持ってくることが必要です。

 

ですが、前足の接地時に後ろ足と股関節の角度が広くなって、両膝が離れていると地面から反発する力をもらえず、前に進もうとしてもスライドが広がりません。

 

 

このように脚が流れてしまうような選手は、シザース動作のトレーニングが有効です。

 

シザースとは、英語ではさみを意味し、陸上競技のトレーニングとしては、足の挟み込みなどと言われ、脚の切り替え動作のことです。

 

なので、前脚が地面に着く前に後ろ脚が前の脚を追い越すという動作になります。

 

 

このシーザズのトレーニングをすることで重心移動がスムーズになり、急激な乱れなく走るように飛び越せるようになるわけです。

 

ハードルを使う場合なら、3台くらい置いて、リード脚がバーを越えたらシュッとはさみで切るような感じで抜き足を素早く前に持ってきましょう。

 

ハードルを使ってやるのが難しいようなら、何もない直線で膝を伸ばしたまま、体の前で足をさばきながら走るようにします。

 

 

地面に足がついて時間を出来るだけ短くするようにすることで、素早いシザースになります。

 

これはハードル走全種目共通のトレーニングになります。

 

いずれにしても、リード脚を振り上げ、この後にすぐさま抜き足を前に持ってくるようにし、はさみのような素早い脚の切り替えが、ハードリング動作の速さに繋がります。

 

 

特に脚が流れやすい癖がある人は普段の練習に取り入れてみてください。

 

関連ページ

ハードル走のルール
100m、110mハードル走のコツ
ハードリングのコツ
100m、110mハードル走のレースパターン
ハードル走の女子の理想のフォームとは?
ハードル走の抜き足のポイント
ハードル走の1台目の入り方
400mハードルのレースパターン
400mハードルのインターバル歩数の配分
400mハードルでのカーブの踏み切り
着地のタイミング
ハードルの踏切動作
恐怖心を取り除く想定練習
400mハードルの想定練習
ピッチとストライドについて
ハードルと身長の関係
抜き足の練習
ハードル走の初心者の練習方法
リード脚のトレーニング
足が流れる
ハードル走のスタートのポイント
ハードル走の腕振り
1歩跳びの練習方法
5歩&7歩ハードルの練習方法
400mハードルの走り方
ハードル走のスプリント力
リズムを鍛え速く跳ぶトレーニング
インターバルの歩数の数え方
メンタルも記録の更新に影響する
ミニハードルのトレーニングメニューはこれだ!
試合前の調整!スプリントと400mハードルの練習のポイント
体力&技術トレーニングの押さえておくべきポイント
体幹トレーニングの意識するポイントとは?
ペース配分の重要性!400mハードルでは結果を左右する
ハードリング技術の男女の違い!?