MENU

400mハードルの想定練習

400mハードルはどのような練習を行っていますか?
中学にはない種目なので、陸上競技の選手が高校から始めるということも多いのではないでしょうか。

 

 

そんな400mハードルは、110mハードルと比べてスタートから1台目までの距離が3倍以上も長くなっていて、殆どの選手は歩数を決めており、1台目の入りがスムーズにいけるかどうかで全体の流れやリズムなども変わってきます。

 

 

また、ハードル自体の高さも短距離用よりも高くはありません。
ただ、コーナーを走りながら跳ばないといけない局面もあるので、あまり手前から跳んでしまうと着地した時に腰がガクッと落ちてしまうこともあります。

 

 

その為、跳びこすというよりは、水平に移動してまたぐという意識を持って行った方が良いかもしれません。
更に、レースが始まってからは風の影響も受けますし、スタミナ不足から後半にバテてしまい、決めていた歩数でハードル間を走れない状況になることも出てきます。

 

 

特に200m過ぎた曲線では、スピードも落ちて足が合わなくなりやすいので、意識してペースを上げるか、逆足に切り替えると良いです。
着地後にリズムアップし、ストライドをやや縮めるようにすると逆の足に移行しやすくなりますよ。

 

 

日頃から両足で踏み切れるように苦手な方の足の練習をしたり、あえて向かい風で走ってみたり、もしくはわざと歩幅を小さくして踏み切り足を合わなくして跳んでみるという、試合を想定した練習も取り入れると、タイミングのズレへの対応能力が向上してくる筈です。

 

 

いずれにしても、空中で足の運びを調整する技術力をアップすることが重要です。
追い風、向かい風、トラックの走路で使われる舗装材のサーフェイスなどの違いへの調整能力が上手い人は、やはりタイムも上がります。

 

 

ハードリングの際に空中での足の運びが調整できない方へ

 

ハードル上達革命の詳細を見てみる