MENU

400mハードルでのカーブの踏み切り

400mハードルでのカーブの踏み切りが苦手ということはありませんか?
そもそも陸上のトラック種目は左回りなので、内側の左脚がハードリングの方向を変えていくようになりますね。

 

 

そして、左脚踏み切りの場合は、コースの外側から行き、左脚で踏み切って内側に走り込むような走り方をします。
逆に右脚踏み切りなら、コースの内側のほうを走って右脚で行うようになり、通常の400mを走る時と同じです。

 

 

走り方を見ても分かるように、400mハードルのカーブのハードリングを右足踏み切りで行うと、内傾しやすいですし、コースの外側を走らない分、有利だと言われています。

 

 

左脚踏み切りの人は、抜き足をぶつけやすい上に脚がハードルの外側にはみ出すと失格になるので注意が必要です。
その為、ハードルの中央を越えるようにコース取りをしたほうが良いでしょう。

 

 

いずれにしても、直線でもカーブでも基本は同じですので、しっかりと方向を決めながら走って行くことが大切です。

 

 

この山崎一彦監修のハードル上達革命DVDでは、それを踏まえ、スタートからの局面では、加速、スピード維持そして踏み切りへの段階をいかに実戦につながる形でトレーニングするかを、具体的に映像で分かりやすく解説してあります。

 

400mハードルでのカーブの踏み切りを向上する練習法をお教えします!

 

ハードル上達革命の詳細を見てみる

 

 

関連ページ

ハードル走のルール
100m、110mハードル走のコツ
ハードリングのコツ
100m、110mハードル走のレースパターン
ハードル走の女子の理想のフォームとは?
ハードル走の抜き足のポイント
ハードル走の1台目の入り方
400mハードルのレースパターン
400mハードルのインターバル歩数の配分
着地のタイミング
ハードルの踏切動作
恐怖心を取り除く想定練習
400mハードルの想定練習
ピッチとストライドについて
ハードルと身長の関係
抜き足の練習
ハードル走の初心者の練習方法
リード脚のトレーニング
足が流れる
ハードル走のスタートのポイント
ハードル走の腕振り
1歩跳びの練習方法
5歩&7歩ハードルの練習方法
400mハードルの走り方
ハードル走のスプリント力
脚が流れやすい
リズムを鍛え速く跳ぶトレーニング
インターバルの歩数の数え方
メンタルも記録の更新に影響する
ミニハードルのトレーニングメニューはこれだ!
試合前の調整!スプリントと400mハードルの練習のポイント
体力&技術トレーニングの押さえておくべきポイント
体幹トレーニングの意識するポイントとは?
ペース配分の重要性!400mハードルでは結果を左右する
ハードリング技術の男女の違い!?