MENU

ピッチとスライドについて

ハードル走でもピッチとスライドは大切になりますね。
特に100や110メートルハードルなど短距離をやっている選手にとっては、永遠のテーマともいえるかもしれません。

 

ピッチとスライド

 

等間隔の距離に置かれた10台のハードルを跳び越えタイムを競うので、基本となるのは100メートル走のスピードです。

 

 

ピッチは1秒間での脚の回転数で、ストライドは1歩の歩幅になりますが、どれだけ足を早く動かしても1歩が小さくては意味がありません。
かといって、どれだけ大きなスライドで走ってもピッチが保たなければ大きく跳んでいるだけになってしまいますよね。

 

 

100mを走ると、スタートからスピードが上がり、50〜60mでトップスピードになり、ゴールに向けてスピードが低下してきます。
早い選手が後半伸びているように見えるのは、周りの選手よりも速度の低下が緩やかだからでしょうね。

 

 

で、ストライドとピッチの関係でいえば、後半につれて脚の回転数が落ちていくことはわかっており、その分1歩の歩幅で稼ごうと大きくなる傾向があるように思います。
なので、どちらも高めつつ、より素早いピッチの獲得にもなるのがミニハードルを使た練習です。
最後までなるべく足の回転を落とさないようにするといいですね。

 

 

理想はずっと同じピッチで走り続けることで、そこに限りなく近づけることがトップスピードの追及にもなるのかなと。
ただ、早く足を動かすだけでは、実際のハードリングで活用しにくくなります。
その為、実際の試合よりも短めの感覚でミニハードルを置き、インターバルで3歩で駆け抜けるようにするといいと思います。

 

 

着地を「1」と数えて、「1、2、3、4」のリズムでインターバルを走る感覚をつけていくといいでしょう。
前半の4歩で加速して、後半の4歩に入るときに視線をあげてハードルを見るようにすればいいのかな。

 

 

3歩で行けない選手は、技術以前に、基礎的な走りを見直すことが必要かもしれません。
いずれにしても、一定のリズムでしっかり加速していことが大事になると思うので、この機会に練習方法なども含めて、しっかり技術トを学んでおくといいかなと思います。('ω')ノ

 

 

なお、気温が低くなってくるとスピードが上がりにくいこともあるので、それほど焦る必要はないと思います。
冬季トレーニングをしっかりこなしながら技術を身につけておけば、気温の上昇と共に身体も動くようになり、タイムも徐々にあがってくるのではないでしょうか。