MENU

ハードル走のルール

ハードル走のルールをご存じですか?
男子の110mHと女子の100mHは、コースに10台のハードルが並べられる種目で、インターバルは9.14mで、女子の場合は100mにおさまるように8.5mごとに並べられています。
また、男子の一般の高さは106.7cm、中学生は91.4cm、女子一般は84cm、中学生は76.2cmです。

 

 

短距離走のような速さで、走るスピードを落とさずに如何に次々に跳び越えていくかがポイントになり、踏み切りや着地でブレーキがかかって、スピードが落ちてタイムロスしないように正しい技術を身につけることが大切ですね。

 

 

ハードル間のインターバルは何歩で走っても良いですが、一般的には同じリズムで着地後に3歩で走ります。
同じ足で踏み切るのなら、奇数の歩数で走る必要がありますし、同じ歩数で跳び越えるには自分なりのリズムを体に覚え込ませなければいけません。

 

 

また、スタートから1台目までのアプローチは8歩が目安で、距離は13.72m(女子13m)になり、加速とリズムに注意しながら、踏み切り位置にたどり着くようにします。(ランインまでの距離は14.02m)

 

 

一方、400mHは、スタートから第一ハードルまでが男女共に45m、間のインターバルは35mで10台あり、最後のハードルからゴールまでのフィニッシュラインが40mとなり、9区間を跳んでいく種目になります。(高さは男子91.4cm、女子76.2cm)

 

 

そして、ハードル走の競技ルールでは、意図的ではない限り、ハードルを何台倒しても大丈夫ですが、跳び越えなかったり、他のレーンのものを跳んだりすると失格になります。
更に。ハードルの幅から跳び越える時にはみ出してしまい、その際にバーよりも足が引くい位置を通過したと審判に判定されても記録が認められません。

 

 

順位は、10台全てのハードル跳び越えてゴールした順に決まり、スタートやフィニッシュは短距離種目と同じルールになります。
いずれにしても、等間隔に置いてあるハードルを高く跳ばずに真っ直ぐに走り、出来るだけ重心を同じ高さに維持しながら、ハードルをクリアしていくことで、おのずとタイムが良くなるでしょう。

 

 

なお、ハードル走が初心者の方は足が短くなくてもインターバルを3歩で行けない方が多く見られますが、この元400mハードル日本代表の山崎一彦監修のハードル上達革命DVDでは、その対処法がわかりますし、一定のリズムで跳び越える練習方法も学べるので、しっかり取り組めば、短期間で即タイムを縮めることが期待出来るでしょう。

 

ハードルを跳ぶリズムがいつも不安定な選手が、怠っている基礎練習とは?

 

ハードル上達革命の詳細を見てみる