MENU

ハードルの踏切動作

ハードルの踏切動作が上手く出来ていますか?
100・110mハードル走は10台の等間隔の距離に置かれたハードルを跳び越えてタイムを競います。

 

 

その為、走る動作とハードリングが結果を左右するので、短距離のように走り、スピードを落とさずに踏切るという、ハードル走に対応出来るスプリント力が必要となります。

 

 

ハードリングでは上に跳び上がるとスピードが落ちてしまうので、身体が浮き上がらないように踏み切り、その足をぶつけないように引き上げながら越えていくようにします。

 

 

そして、踏切りではつま先部分で素早く踏切り体を前に倒す力を使って加速に繋げます。
上半身を前に突っ込むようようにすると、抜き足も上がりやすいものです。
また、その際にはつま先を少し外側に開いておくと、抜き足の動きも滑らかになります。

 

 

抜き足は引き上げるというよりは、しっかり踏切って後方へ上げて、その反動で前に引き出される感じです。
したがって、ハードル走はまたぎ越すというよりは、前にジャンプする動作というように考えることが大切で、まずはしっかり地面を押して踏み切り、素早く脚を引きあげることが必要です。

 

 

ですが、前に行こうと意識が強すぎると、またぐような動作になってしまいます。
これをジュニア期などの導入期に、「前に行け」という指導をしてしまうと、踏切りが出来ない悪い動作が身についてしまうので注意が必要です。

 

 

なお、少しでも早く身につけてもらいたいのは、足を前方でさばく意識です。
と言うのも、踏切の際に足が後ろに流れないで、タイミングを非常にとりやすくなるからです。

 

 

この山崎一彦監修のハードル上達革命DVDでは、実際にミニハードルを使って動画でわかりやすく説明してあり、抜き足のリラックス、踏切り動作、横抜きへの移行、上にあがる縦の動きを抑える、タイミングをずらす、横の移動距離を伸ばすというように順を追って、ハードルの基本技術をしっかり身につけていくことが出来ます。

 

実戦に即したすステップアップ練習法

 

ハードル上達革命の詳細を見てみる