MENU

ハードル走の基本

ここでは知っておきたいハードル走の基本についてお伝えしています。
上達の参考になれば幸いです。

ハードル走の基本記事一覧

ハードル走のルールをご存じですか?男子の110mHと女子の100mHは、コースに10台のハードルが並べられる種目で、インターバルは9.14mで、女子の場合は100mにおさまるように8.5mごとに並べられています。また、男子の一般の高さは106.7cm、中学生は91.4cm、女子一般は84cm、中学生は76.2cmです。短距離走のような速さで、走るスピードを落とさずに如何に次々に跳び越えていくかがポ...

陸上競技の100m、110mハードル走は、10台の等間隔に置かれたハードルを跳び越えてタイムを競いますが、ハードリングと走る動作が大切になりますね。短距離走のように走り、スピードを落とさずに踏み切って、着地で体が前に倒れ込む力を加速力に繋げることがコツでしょう。その為には、まずは肩や腰などをハードルに正対させた状態で走り、体の軸を崩さないようにして踏み切ります。ですが、この時に上半身が後ろに傾いて...

ハードリングが上手く出来ていますか?陸上競技でハードルを跳び越すことをハードリングと言いますが、故意に倒さない限りはハードル走では、失格にはなりません。とは言え、強くぶつかればブレーキが働きスピードが落ちるので、ぎりぎりの高さを越えていくのが最も合理的ですよね。そんなハードりングのコツは、ハードルを越していきながら、可能なかぎり普通の走りに近い動きをすることです。それには、上体を前傾させて空中での...

100m、110mハードル走のレースパターンはどのようにしていますか?そもそもハードル走はスプリント種目の100mと違い、トップ選手でも30mくらいのところで最高スピードに達するんですね。そして、16秒台の選手というのは、トップスピードに達するのは1台目の13mを越えたくらいになるようです。中学生なら、18〜19秒あたりが平均的なタイムになり、中学生の日本記録は13秒84で、日本男子の歴代1位は1...

ハードル走の理想のフォームとはどのようなものでしょうか?一般的に女子のハードルの場合には、頭の位置が変わらないようにすることと言われことから、上下や左右にぶれることなく、ランニングする時のフォームを崩さないようにするのが理想でしょう。その為、フォームを崩せばそれだけタイムロスに結びつくき、ハードリングの悪いフォームがインターバルの走りにも悪影響を及ぼします。また、踏み切って体が地面から離れているま...

ハードル走の抜き足のやり方が下手なことが悩みということはありませんか?踏切からハードルを横に抜いていく抜き足は、日常生活には使わない運動ですので、習い始めの初心者にとっては特に難しい動作ですね。更に、抜き足が不得意で後半でリズムが崩れて失速してしまう選手も少なくないでしょう。ですが、ハードル種目はそもそも跳ぶというようなイメージで行うのではなく、短距離走の走りに近づけることがポイントになります。そ...

ハードル走で1台目の入り方が上手く出来ていますか?というのもハードル種目の結果は、1台目までのプロセスの良し悪しで、その多くが決まってしまいます。これはトップアスリートも同じで、実際に1台目が上手く跳べると、最後までリズム良く行ける気がするものですよね。そして、女子の100mハードルなら1台目までは13メートルで8歩で行くのが普通です。ですが、このアプローチで体力や走力がないとオーバーストライドな...